2018年9月22日土曜日

Step 2 CSの近況について

Step 2 CSは明らかに2017年9月の採点基準の変更から難化しているとみてよい。特にICEの採点基準が厳しくなり、某NYのprep schoolの校長によるとこの時期からIMGの不合格率が跳ね上がったとのことだった。

しかしながら日本人にとってより深刻なのは、SEPの方ではないだろうか。例えばこことか、こことか。個人的なツテからも某海軍病院でも同様の話を聞いている。明らかにSEPのハードルが2017年9月以降に上昇しており、基本的な英語力に全く問題がないと思われる人でもSEPを落としていたりする。しかもどの点が問題でスコアを落としたのかわからないというところが悩ましいのである。帰国子女など英語力に自信のある人を除いて、しばらくは情報収拾に努めるのがよいのではなかろうか。

英語力は基本的には日本人の中では身につかないものであって、何らかの形で英語圏のコミュニティに属する必要があると思う。コミュニティに属して同僚と喧嘩しながら、異性とのコミュニケーションを楽しみながら、様々な日常的な経験を経て英語力が身につく。今まではECFMG Certificateを取得し、海軍病院などでRecommendation letterを得ることができれば、多少英語がまずくとも向こうのコミュニティに属することができ、結果的に英語力を磨くことができた。今後はこのようにはいかず、何らかの形で向こうのコミュニティに潜り込み、まずは英語力を鍛える必要があるのかもしれない。多くのIMGの医学生・医師が行なっているように、一旦何らかの形で非MDとしてアメリカの医療機関に何年も潜り込み、Recommendation letterとUSMLEの勉強を並行して行う必要があるのかもしれない。果たしてここまでの覚悟はありやなしや。

0 件のコメント:

コメントを投稿