2016年9月28日水曜日

Step1 score report

Step1の結果が出た。224点だった。目標には届かなかったがまあこんなもんだろうという感じはしていた。

当日のことをできる限り思い出してみよう。

試験は朝10:00から。朝型の私には少々遅い時間ではあったが、適当に会場の周りのカフェで時間を潰して試験会場へ。コンビニで買ったキットカットとお茶を携えて試験会場に向かい、Scheduling permitとパスポートとconfirmationを出してロッカーに荷物をしまう。

準備ができてから試験室に入るよう言われたので、ええいと思いそのまま試験室へ。試験室の手前では入室のサイン、指紋、空港のようなbody inspection、ポケットの中身のチェック、足首のチェックという具合に、非常に厳重だった。これを終わらせて試験室に入り、CINを入力して試験が開始する。

第一ブロックはとても難しかった。最初から帰りたい気持ちでいっぱいになった。手応え的には6割。あわよくば7割。下は怖くて考えられないレベル。

ところが第二ブロックからはstraight forwardな問題が続く。特に第七ブロックはとても簡単だった。最後の見直しも含めても時間が余るぐらい。第二ブロック以降こういう具合なので、「おバカさんのあなたはこっちの問題を解いてなさいねー」という出題者の意図が透けて見えるようで憂鬱だったけど、違うレベルの問題を解かせてもらえることを夢見て最後まで解いた。

結果224点。まあこんなもんかと思った。

この記事を目にした人で、スコアを2-3点上げたいのであれば以下の私のコメントは役に立つかもしれない(本質的な理解には全く貢献しないが)。

USMLEのサンプル問題は必ず解くべき。ただ単に解くだけでなく、その背景も勉強するべき。実際、試験では類似の問題が2-3問出題された。全く同じ画像所見の問題も複数出題された。しかし、サンプル問題を丸暗記すればいいというわけではなく、問題の背景にある知見をちゃんと調べてから受験するといい。あれはつまりこういう理解を問うのでちゃんと準備しておけよという意思の表れだと思っておくべきである。

NBMEの試験は出来る限り受けるべき。
NBME18 (3 weeks out) 217
NBME17 (2 weeks out) 220
NBME16 (1 week out)  228
NBME15 (2 months out) 234
NBME13 (4 months out) 220
NBME12 (5 months out) 228
これらの平均と標準偏差をとってみると、224点±6点。巷で言われている通り、NBMEのスコアは残酷なほど正確ということが本当によくわかる。NBMEは間違った問題以外は後から見直すことができないので、全部スクリーンショットをとって保存するべき。

ちなみにこちらは最初に受けたUWSA。
UWSA1 224 (9 months out)
これはoverestimateするので問題外ということで。

2016年度よりPatient careの項目が増えるとのいうことだったが、これはscore reportにもPhysician taskという形で反映されていた。基礎的な理解と診断の他に、Managementも求めるようになっている。今までのUSMLE step1では基礎と診断に重きを置いていた印象であったが、Managementについても踏み込んだ理解を求められるようになっている。