2016年5月7日土曜日

NBME13受験

完全な伸び悩みといえる。それにしても前回より点数が下がるとは。夏に本当に受験するのであれば戦略を考え直さねばならない。今回はっきりしたのはBehavioral scienceとReproductive systemsが明らかに点数が低いこと。前回の課題ではあったが、解決していないので集中的に強化する必要がありそうだ。

下の表は全問見直して分野別の正誤を調べたものである。確かに弱いところは悪い結果が出ている。

行ラベル Correct Incorrect Nonconfident Total
Anatomy 5 1 6
Behavioral Science 15 7 1 23
Biochemistry 13 5 4 22
Cardiovascular System 7 2 9
Endocrine System 6 2 8
Gastrointestinal System 4 4   8
Genetics 2 2
Hematology 6 1 7
Histology 1 1   2
Immunology 6 1 7
Microbiology 14 1 15
Musculoskeletal System 9 2 11
Neurology 9 1 1 11
Oncology 3 1   4
Pathology 2 2
Pharmacology 22 3 2 27
Physiology 4 4
Renal System 9 2 11
Reproductive System 11 4   15
Respiratory System 6 6
総計 154 38 8 200

では実際何を間違えたかを調べた結果がこれである。

Behavioral science

Heroine intoxication
Causes of death in US
Informed consent
Hypochondriasis
Defense mechanism
Standard precaution
Population based sampling
Major depressive disorder

Reproductive system

Tumor prognosis
Seminal vesicle
Pregnancy
Branchial cyst

0 件のコメント:

コメントを投稿